読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perfume 翻訳物置き場

自分が翻訳した、Perfume に関する記事の翻訳を置いていきます。意訳も多いので、誤訳等ありましてもご容赦下さい。

PopCrush Perfume インタビュー翻訳

記事原文↓

popcrush.com

インタビュー : Perfume
アメリカ・ツアー、「Cosmic Explorer」、そして女性グループとしての未来について

記 : Bradley Stern

 Perfume ほど長期にわたって人気を誇る女性グループは、近年を見渡しても珍しい。
16年前に芸能スクールで結成され、2005年に「Liner Motor Girl」でメジャーデビューを飾る。大本彩乃(のっち)、西脇綾香(あ~ちゃん)、樫野有香かしゆか)の3人からなるこの日本のテクノポップ・ユニットは、5作のアルバム(今年発売の「Cosmic Explorer」を含む)でチャート1位を獲得し、電子音満載の目が眩むようなヒット・シングルを何枚もリリース、多数の賞を獲得し、巨大な、愛に溢れたファン層を築き上げてきた。(あの Pentatonix でさえファンと名乗っている)

 Perfume に対する応援は世界中に広がっており、アジアのアーティスト全ての夢である、アメリカでのプロモーションとライブを行うチャンスまでも掴み取った。
 この8月下旬にはロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、9月頭にはニューヨークでライブを行い、衣装展示展もそれに合わせて開催された。
 アメリカでの小規模ツアーの後、3人はアメリカツアーでの最新の経験や、日本とアメリカのファンの違い、今後10年の夢や希望について、PopCrush に語ってくれた。

 

日本語、英語インタビュー質問作成: Tyler Dobshinsky

Perfume は16年前に広島で、小さなローカルテクノポップ・ユニットとして結成されました。それが今では世界ツアーの一環として、アメリカ再上陸を果たすまでになりました。

 

結成からは16年なんですけど、メジャーデビューから数えてももう11年ですね。

 

- 2回目のアメリカとなりましたが、何かカルチャー・ショックはありましたか?

 

カルチャー・ショックとは違うかもしれないですけど、皆が盛り上がる曲が日本と違うのには驚きました。日本だと「Miracle Worker」が人気だったんですけど、アメリカだと「NEXT STAGE WITH YOU」だったりとか。同じアルバムでもファンの皆さんの趣味が違うのが面白いな、と思いました。

 

- 今回、これまでに行ったことのない都市でもライブを開催することが出来ました。シカゴやサンフランシスコで楽しかったことはありますか?

 

ピクサーさんのスタジオにお邪魔したんです。そしたらジョン・ラセター(CCO)さんの事務所までお邪魔しちゃって。本当にに楽しかったです。ピクサーのスタッフさんから「僕達でもあんまり入れないんだよ」って言われました!

 

- アメリカにも自分たちのファンがいる、と知ったときどんな気持ちでしたか?

 

Cars 2 のワールド・プレミアでロサンゼルスに行ったときに、レッドカーペット歩いとったらファンの方が「Perfume!アメリカにも来てください!」って叫んでくれてて、もうチョー驚きました。アメリカにも私たちのことを知っててくれてる人がいるなんて、ホントに信じられんかったんです。

 

- グラミー賞獲得経験のあるアカペラグループ、 Pentatonix が Perfume の曲をカバー したメドレーを発表し(この記事の時点で)400万回以上の再生回数を記録しています。どのようなお気持ちですか?

 

曲の構成から私たちの曲に対するリスペクトが物凄く伝わってきて、本当に光栄だなと思いました。カバーしていただいて凄く嬉しいです。 Pentatonix さん、ありがとね!

 

- 勿論日本とアメリカでは会場の規模やお客さんの数は異なると思いますが、アメリカの観客と日本の観客とでは、ライブをしていて全く違うものですか?

 

アメリカのファンの方たちって、自分の感情に物凄く正直ですね。だから好きな曲の時には物凄く盛り上がってくれるんですけど、そうじゃない曲の時はそれがはっきり出ますし、私たちもそこから沢山学ばせてもらいました。日本のファンの方たちは、「周りの人達盛り上がってるかな?」って皆の反応を見てる気がします。多分そういう努力する姿勢とか、一体感とかを楽しむんだと思います。そこが一番違う所ですかね。

- ノチルダ先生(カナダ出身の英語教師という別人格)に質問です。 Perfume は最近英語で歌う曲が増えてきていますし、ライブでは必ず英語で観客とやり取りするコーナーがあります。ステージ上で英語を話すことに緊張はありますか?

 

ラジオでやってるキャラのことまで知ってるなんて!信じられん(笑)ソウデスネー、英語を話すのは緊張します。でも皆さんが私の英語を理解してくれてる、って言うのも感じてます。だからステージに立つ前はむっちゃ練習しますね。

 

- 最新アルバム「Cosmic Explorer」は、これまでの作品と比べてもより新しい雰囲気があります。今年初めに公開されたドキュメンタリー映画、「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」の主題歌となった「STAR TRAIN」でも、そんな新しい音が使われているのが見て取れます。これまでのアルバムと比較しても、「Cosmic Explorer」は何か異うな、と感じますか?

 

これまでのアルバムと比べても「ダンス・アルバム」っていう面が強いかな、と思います。ライブ中にお客さんと一緒に踊れるような間奏も沢山あるし!「Baby Face」は年下の男の子が可愛いよねって曲なんですけど、私たちのこれまでのラブソングは同い年か年上の男の人への憧れを歌った曲ばっかりだったので、この曲を歌うのは「あ~、ウチらも大人になったね」って感じますね。

 

- プロデューサーの中田ヤスタカさんは、「歌から人間味を取り除く」ために、皆さんのレコーディングを小さい電話ボックスの中に座らせて行った事がありました。今もそうやってレコーディングをしているのですか?

 

そうですね、中田さんのスタジオの録音ブースは本当に電話ボックスみたいでした。今はスタジオも違うところに移ったんですけど、相変わらず座ってレコーディングしてます。

 

プロジェクションマッピングと一緒に踊ったり、NHK紅白歌合戦(有名歌手が男女別にチーム対抗で行う歌番組で、日本版のRockin’ New Years Eve のようなもの)ではドローンと一緒に踊ったり、ドキュメンタリー映画も作られました。毎週のラジオ番組、毎年恒例の国際ダンスコンテスト、TVのバラエティ番組…。 Perfume はこれから先の10年で、何をしていると思いますか?

 

これまでの中で今が一番楽しいんです。小学生から一緒にいて通じるものも沢山あるし、10年以上、ずっと同じ経験をして、同じ景色を見てきたんで。Perfume があとどれだけ続くのかは分からないですけど、これくらいの感じでいつまでもいたいよね、と思ってます。グループとしてのあり方は変わったとしても、この3人の関係性は変わらないと思います。こんな感じに仲がいい女性グループって、日本でも世界でも珍しいんじゃないかな。

 

- 広島のアクターズ・スクールで結成されてから16年がたちます。もし、Perfume の音楽を聴いたことがないアメリカ人に一曲だけ聴いてもらうとしたら、何を聞いてもらえば好きになってくれると思いますか?

 

Flash」かな。最新のPerfume が最高の Perfume なんで。皆さんにカンフーダンスも見てほしいですね。