読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perfume 翻訳物置き場

自分が翻訳した、Perfume に関する記事の翻訳を置いていきます。意訳も多いので、誤訳等ありましてもご容赦下さい。

PERFUME IN AMERICA by FredBronson 翻訳

原文テキスト

www.twitlonger.com

 

 母国日本においては、6枚のアルバムでのオリコン1位と18作連続でのトップ10入り。この10年間 J-POP の先頭を走り続けるガールズグループ、Perfume。3人はいま、残りの世界からも注目を集める準備を整えている。
 彼女たちは日曜の夜に、短い「Cosmic Explorer」の全米ツアーをロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴでの公演に続いて行われたニューヨークの Hammerstein Ballroom で終えた。


 今回、アメリカでの初公演となったロサンゼルスの Wiltern でのライブ後に彼女たちに密着し、その後のっち、あ~ちゃん、かしゆかの3人に、アメリカでの経験とこれまでの経歴についてインタビューする機会を得た。

 

- このツアーでアメリカに来る前まで、アメリカでライブをすることについてどう思っていましたか?

のっち: 前回 L.A. でライブをした時に、誰かがアメリカでもツアーした方がいいよ!って言ってくれて。だから本当にすぐにでも戻って来たかったんです。少し時間はかかっちゃったけど、戻ってこれたし興奮してます!

- 日本とアメリカで、お客さんに違いはありますか?

あ~ちゃん: ありますね。例えば日本のお客さんだと、アルバムの曲の中で「Miracle Worker」が凄く好きみたいで反応が物凄いんです。アメリカのお客さんは「Next Stage With You」がお気に入りみたいで、皆さん車を運転する振りを一緒にやって下さいます。

- アメリカのファン達と交流する機会はありましたか?その時の反応は日本と違いますか?

かしゆか: アメリカのファンの方たちって、昔の作品とか私たちの歴史とかに凄く詳しいみたいで、そこは想像以上でした。中には物凄く日本語が上手な人もいて、その熱意に圧倒されました。

- 物凄く情熱的で驚いたんじゃないですか?

かしゆか: 驚きましたね。前回アメリカでライブをした時にミート&グリートを開いたんですけど、そこにゲイのカップルが来ていて。一人が「聞いて!僕の彼氏が君のことが好き過ぎて結婚したいっていうんだ!僕らは婚約してるんだけど、彼に「僕とゆかちゃんだったらどっちと結婚したいの?」って聞いたら「かしゆか!」って言うんだよ!どう思う?」って言われて。どういうリアクション取ればいいのか分からなかったんですけど、愛に圧倒されましたね。

- 日本ではもっと大きい、アリーナ会場でもライブをしてきました。ロサンゼルスの Wiltern やサンフランシスコの Warfield といった、アメリカのよりお客さんとの距離が近い会場でのライブについてどう思いますか?

かしゆか: 本当に距離が近いので、お客さんをより身近に感じれます。皆のエネルギーが直接向けられている感じって、大きい会場では感じられないことなんです。今回初めてライブするのが初めてで、どういうことが起きるか全然分からないような都市で、そういう熱意を体全体で感じられるのは凄く心強いし、とても嬉しいですね。

- 日本にいると気付かれずに外をぶらついたり、お店やレストランに行ったりするのが難しいんじゃないかと思います。そういう問題にはどうやって対処していますか?あと、東京とは違って、ロサンゼルスやサンフランシスコではあちこち歩けたと思いますが、どんな気分でしたか?

あ~ちゃん: ロサンゼルスとサンフランシスコで外を歩いたり、お買い物したりしたのはむっちゃ楽しかったです!

のっち: ホントにね~。一人でいるときはあんまり気付かれないんですけど、3人でいると100%気付かれちゃうので…。だからそうですね、日本にいるときは3人でお買い物ってのは出来ないんです。アメリカだと、行きたいとこどこでも行けるし、試着してみたり外でご飯食べたり、何でも出来たので楽しかった!

- 今回アメリカで自由時間が取れたのか分かりませんが、取れたとしたら何をしていましたか?観光の時間は取れました?観光客が楽しみそうなことは出来ましたか?

かしゆか: 凄かったですよ!ピクサーのスタジオに行ったり、ポケモンGOを開発した会社に行ったりしました!

のっち: ピクサーではラセター監督のオフィスにも入れてもらったんです!

あ~ちゃん: 大量のジブリグッズがありましたね。宮崎駿監督との友情が詰まったオフィスで、あんまり日本でも見かけないようなレアグッズが一杯ありました。

かしゆかピクサーのスタッフの方達でもあんまり監督のオフィスには入れてもらえないみたいなので、本当に特別な経験でしたね。

- レコーディングやツアー、テレビ出演など、皆さんはこれまでに沢山のことを成し遂げて来たわけですが、これから先達成したい目標のようなものがあれば教えてください。

あ~ちゃん: 正直な話、私たちは本当に恵まれていて、日本でこれまで思い描いてきた夢の殆ど叶えることが出来ました。だから今の夢は、私たちの音楽を世界に届けることと、MSGでソールド・アウトのライブをやることです。達成できれば日本人のグループとしては初のことらしいので。それが夢ですね。

(これまで日本人アーティストがMSGでライブを行ったことはあるが、Perfume の知る限りソールド・アウトは一度もないそうである)

-Perfume にとっての Next Stage は何ですか?次のアルバムの作成はもう初めていますか?今回のアルバムやこれまでに、アメリカでレコーディングしたことは?

かしゆか: アメリカでレコーディングしたことはないですね。楽器を弾くわけでもないので、全部の音が中田さん(プロデューサーの中田ヤスタカ)のパソコンから出てくるので。だから、どこでレコーディングしても音は同じなんじゃないかと思います(笑)。でも気分は変わるかもしれないから、中田さんに「アメリカでレコーディングしましょうよ!」って言ってみるのもいいかもですね。

あ~ちゃん: アルバムについてはまだ何も決まってないです。

かしゆか: ツアーが終わってから考えよう、って感じです。

-アメリカでは、まだ皆さんのことをよく知らない人が多いと思うので、皆さんの個人的な経歴について聞きたいと思います。皆さんの一番最初の音楽の思い出って何ですか?ラジオから流れてきた曲だったり、ご両親のレコードを聴いたり、テレビを見たり、色々あると思いますが…。

あ~ちゃん: お父さんがギターで大黒摩季さんの「夏が来る」を弾いてたのが記憶に残ってます。その曲を聴くのが初めてだったので、男の人の歌なんだと思ってたんです。でもオリジナルの曲を聴いたら女の人が歌ってて!お父さんは原曲のキーで歌ってたんで、「お父さん音域広っ!」って驚きました(笑)。

かしゆか: 音楽の最初の記憶は、家族が車で流してた SMAP さんの曲ですね。アクターズ・スクールに入るまで音楽は歌うものじゃなくて聴くものだと思ってたので、家とか車とかで聴くもの、っていう感じでした。

のっち: お母さんがレニー・クラビッツが好きで、小さい頃にコンサートに連れてってくれたのを覚えてます。

- 最初に音楽で食っていくんだ、と思ったのはいつですか?

かしゆか: あ~ちゃんとのっちと一緒に、初めて上京した時ですね。

のっち: 10歳でアクターズ・スクール広島に入学した時です。

あ~ちゃん: ポリリズムでブレイクしたとき(2007年)です。

- ライブを見たことがある人なら、3人は単なる歌手ではなく一流のダンサーでもある、ということが分かっていると思います。歌とダンス、最初に興味を持ったのはどっちでしたか?

のっち:のっちさんは、完全にダンスですね。

かしゆか: 歌とダンスのレッスンは同時に始めたんですけど、最初に好きだったのはダンスです。

あ~ちゃん: わたしは最初から両方とも好きでしたね。

-日本人アーティストや海外のアーティストで影響を受けた人はいますか?

のっち:椎名林檎さんですね。リオ五輪の閉会式で、五輪旗の引き継ぎ式の音楽プロデューサーを務めた人です。海外のアーティストだと、 Arctic Monkeys さんが好きです。

あ~ちゃん: Aikoさんのことはず~っと大好きで、作る音楽には本当に憧れます。あと影響をうけたのは OK GO さんですね。音楽も好きなんですけど、MV に対するアプローチの仕方も好きで。バンドなんだけど、ビデオ内では楽器を持たない、みたいなポリシーとか。そういうのが面白いな、と思います。

かしゆか安室奈美恵さんの音楽を聴きながら育った人なので、こんなに長い時間を経ても音楽シーンの中でも大スターで、新鮮であり続けてるのは本当に凄いと思います。海外のアーティストだとブルーノ・マーズさんが大好きで、彼とバックバンドの人たちの中がよさそうな感じも好きですね。一緒に踊ったりとか、ステージ上で本当に楽しそうなところとか。

- これまでのキャリアのハイライトを1つだけ選ぶとしたら、何になると思いますか?

かしゆか: 「ポリリズム」のツアーと、恵比寿リキッド・ルーム(東京のライブハウス)でのライブですね。当時はまだ、皆さんに名前を覚えてもらうのに必死で、お客さんがそんなに沢山来るとはおもってなかったんです。実際にライブが始まって幕が落ちたら会場が満杯で。私が思うハイライトはその時点かな。

のっち: 東京ドームで5万人のお客さんの前でライブしたことですね。

あ~ちゃん: 私はその東京ドームライブの後の楽屋でMIKIKO先生(Perfume の振付師件演出家)。ライブが成功して、もう全員嬉しすぎてダーダー泣いて。言葉にならなかったけど胸が一杯でした。

- 今回ロサンゼルスでのライブで会場に着いたとき、会場の周りのブロック両方に列が伸びていて、看板には「Perfume: SOLD OUT」って書かれていたんですけど、見ましたか?もし見てたならどんなリアクションを取りましたか?

あ~ちゃん: アンビリーバブル!!!